トップお悩み解決方法

交通事故の悩みを「弁護士」に相談し、簡単に解決する方法

交通事故の被害者になってしまうと同時に

沢山の悩みを抱える方が多いです。一例を挙げますと・・・

 

 

(1)「保険会社の担当さんのお話が理解できない。」

(2)「まだ治療をしたいのに打ち切りを言い渡されてしまった。」

(3)「加害者が連絡してきて人身事故扱いにしないで欲しいと言われている。」
など・・。

 

 

これらの悩みの殆どは弁護士に相談すると解決に向かうことが多いです。

順に解説していきます。

 

(1)について

 
・・・そのそも交通事故の被害者になると言うことは一生に一度有るかどうか、

だと思います。
保険の仕組みや専門用語などが理解できないのは

仕方がないことなのかもしれません。

 

(2)について

 
こういった場合に必要なことは治療の必要性の根拠を

保険会社に提示したうえで、

まだ治療を続けさせてもらうための「交渉」が必要となるのですが

保険会社さん相手にその交渉を自分で行うことは簡単ではありません。

 

保険会社の方は保険のルールに沿って支払いを決めているので

ルールを熟知していない一般の人が保険会社さんと交渉すると、

うまくいかないことも多いのです。

 

 

(3)について

被害者と加害者はそもそも自分たちで連絡を、

取り合ってもあまりよいことがありません。

「感情」の問題もあると思いますし第三者を挟んだ方がよいことが多いです。

 

 

 

・・・上記のお悩みは、交通事故の被害にあわれた

多くの患者さまが抱える一例ですが
悩みの原因は「対人交渉」であることが多いのです。

(もちろんそれがすべてではありませんが。)

 

 

これらの悩みを、なぜ弁護士が解決できる可能性が高いのでしょうか?

その理由は弁護士は法律のエキスパートなので

そもそも「交渉」が得意だからです。

そして何より、「代理人」として交渉ができるのは弁護士だけなのです。

 

代理人になってもらえば、自分で交渉せず

「プロ」が行ってくれるので安心ですし、

交渉がうまくいかないときも「プロが交渉してだめなら仕方がない」と

納得することもできるのです。

 

ですから弁護士に相談・依頼すると悩みが解決に向かうことも多いのです。