トップお悩み解決方法

無料の相談機関と弁護士への相談はどうちがうの?

新宿周辺には、交通事故の無料相談機関があります。

 

東京都庁の交通事故相談室、や中野区役所にある城西交通事故相談所など

・・・こちらも交通事故関係全般に詳しい相談員の方が丁寧にご相談に応じてくださいます。

 

★ 画像は城西交通事故相談所がある中野区役所

 

ですから、もちろんこれらの相談所をうまく利用することもとても有効だと思います。
ここではこれらの相談機関と弁護士への相談との違いを解説いたします。

 
まずはじめに、料金の問題があります。公共相談機関への相談は無料です。
一方、弁護士への相談は無料とは限りません。

* 最近は「初回相談無料」で行う弁護士さんも多いので

相談料については事前に確認してみることをオススメします。

 

 

そしてもっとも大きな違いは、弁護士は「代理人になる事が出来る」ので
その弁護士さんが代理人として入った方が早く解決に向かうかという点で相談に乗ってくれる点です。

 

無料の相談機関はアドバイスをしてくださいますが

自分で交渉や手続きなどをしなくてはいけません。

 

これが無料の公共相談機関との大きな違いではないでしょうか?
もちろん交通事故相談員の方々もとても詳しい方たちなので

どちらに相談する方がいいか、悪いかということではありません。状況に応じて使い分ける方が得策です。

 

自分で保険会社と交渉することが困難だと考えている方は、弁護士さんに相談してみることをオススメします。
 

 

★PS★ 

弁護士さんに相談依頼する際に「費用が高いのではないか??」

気にされる方が多いのですがまずはその心配を弁護士事務所の方にお伝えしてみてください。

ご自身で「弁護士費用特約」に加入している場合は保険から弁護士費用が支払われますし
相談を無料で行ってくださる弁護士さんも多いのです。