トップ基礎知識

自賠責保険って何?

自賠責保険は、自動車・原動機付自転車の所有者と運転者が、
必ず加入しなければならない保険で、
強制保険と呼ばれています。


この自賠責保険とは、被害者の救済を第一の目的としており、
対人賠償に限られています。


対人とは、死傷した相手側の運転者とその同乗者、
あるいは歩行者などをいいます。

 

つまり、被害者のケガや死亡だけに賠償金が支払われ、
加害者のケガや自動車の破損には、
賠償金が支払われることはありません。

  

もし、事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、
被害者は自賠責保険によって、
一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。

 
偶然、事故にあった被害者が賠償金をもらえず、
泣き寝入りするのを未然に防いだのが自賠責保険といえます。

 
以下が、自賠責保険の支払い限度額となっています。 

・  死亡・・・ 3,000万円
・ ケガ・・・ 120万円
・ 後遺障害・・・程度に応じて 75万円~3,000万円。常に介護が必要な場合は 4,000万円